トピックス

 【報告】2012年10月23日(火)、「母と娘の幸せ研究室」セミナーを開催しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2012年10月23日(火)、リビングくらしHOW研究所が「母と娘の幸せ研究室」セミナーを開催。9月よりクオラスと共同展開している「母と娘の幸せ研究室~70代の親との時間」プロジェクトの第1弾発表として、所長・植田奈保子が75分の講演を行いました。

 

 講演テーマは「シニア母と娘の絆コミュニケーションから生まれる新たな消費とは」。シニアといってもまだまだ元気な60代夫婦はセカンドライフを満喫、娘も親に頼りがち。一方、親が70代(または1人暮らし)になってくると、サポートし、情報のハブになってくるのは40代から50代の娘世代に…。経済的な余裕はあっても消費には慎重な70代に、“母と娘の絆コミュニケーション”を通じて消費を促す鍵を、多角的に提案しました。

 

 「母と娘の幸せ研究室~70代の親との時間」プロジェクトは、40代~50代の娘と70代の母親との関係に着目し、新マーケットを創出しようというもので、360名の母娘モニターを活用したプロモーション商品もご提案しております。ご興味がある方は、是非詳細をお問い合わせください。

 

■お問い合わせ
リビングくらしHOW研究所 西/大田
TEL:03-5216-9420