スクール概要

LETSベーシックコース20期生を募集中

LETSベーシックコース20期は、4月8日(土)から半年にわたり開講します。スケジュール詳細・申し込み方法は下記をご覧ください。

※定員に満たない場合、講座の開催を中止する場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コース紹介

各コースとも、無理なく受講できるシステムと受講料になっています。各コース修了後、検定に合格すれば次のステップに進めます。

ベーシックコース アドバンスコース プロフェッショナルコース
<6カ月> <6カ月> <6カ月>
週末、月2回2時間の受講と毎週の課題提出により、基礎的なライティング力を養成。 週末、月2回2時間の受講と毎回の課題提出により、プロとして通用する筆力と編集スキルを養成。 週3日程度の実際の編集部でのOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)で編集スキルを学ぶ。修了後は経験者として通用するレベルが目標。

日程とカリキュラム

ベーシックコース第20期(予定)     都合によりカリキュラム・講師を変更することがあります。

回数 日程 テーマ 内容
第1回 4月8日(土) プロライターの仕事
文章表現の基礎1
ガイダンス
商品としての文章
       
第2回 4月22日(土) 文章表現の基礎2 商品としての文章の用字用語
ハンドブックの利用法
       
第3回 5月6日(土) 文章表現の基礎3
見出し
客観表現・行動を起させる表現、見出しで引きつけ、読んでもらう
       
第4回 5月20日(土) 文章の書き分け・表現方法 ターゲットによっての書き分けに気付く
(タイトル・リード・文体)
       
第5回 6月3日(土) 資料からの書き起こし 3行メモやHPからの小記事作成法
長文の要約
       
第6回 6月17日(土) テーマ選び・情報収集方法 情報ありき。独自性のあるテーマと切り口を見つける
       
第7回 7月1日(土) 取材・インタビュー方法 取材とは何か

       
第8回 7月15日(土) ライターのための撮影法 個人の写真と媒体掲載写真の違い
       
第9回 8月5日(土) 取材・インタビュー実践 取材実践、work

       
第10回 8月19日(土) 原稿の推敲と校正 自分の文を見直す方法と校正・校閲

       
第11回 9月2日(土) Web構成と表現 Web用語の知識。読みやすく目立つ表現法

       
第12回 9月16日(土) 特別講義 特別講義

       
ベーシックコース第20期 講師紹介
奥住 一さん 村尾由紀さん 佐々木静代さん 石川結貴さん
日大芸術学部写真学科卒業後、新聞社へ入社。写真部を経て、編集部・制作部・情報システム部に勤務。2008年退社後、現在フリーカメラマン・セミナー講師。写真部以外の部署の経験を生かし、デジタル写真・画像印刷原稿関係の内容が得意。団塊世代のアマチュアカメラマン向けセミナーも手掛ける。 「肩書や役割の中で生きるのでなく、ひとりの人間であることも楽しみたい」――今日より“ちょっと”すてきな私に――をキャッチフレーズに、2014年1月に創刊したWEBマガジン「かもめの本棚」編集長(発行:東海教育研究所)。15年3月には、WEBの連載記事をもとにした単行本シリーズも刊行している。 大学卒業後、エレクトロニクス情報誌出版社勤務。専業主婦時代を経て、サンケイリビング新聞社にアルバイト入社後、公式サイト編集長を務め、2013年12月からフリーのWebプロデューサー・ディレクターとして独立。訪日韓国人・中国人向け観光情報を提供する観光プロダクションたびんず代表。 作家/ジャーナリスト
家族問題の第一人者として、単行本、週刊誌、月刊誌、ウェブマガジンなど幅広い原稿執筆の実績を持つ。講演会、シンポジウム、テレビコメンテーターとしても活躍中。

ほかLETS専属講師

日 時 4月8日(土)〜9月16日(土)10:00~12:00(全12回)
会 場 サンケイリビング新聞社会議室(東京メトロ有楽町線・麹町駅下車)予定
受講料 7万円
申し込み
申し込みはコチラ 第一次締め切り 3月24日(金)
第二次締め切り 3月31日(金)

アドバンスコース第19期(予定)     都合によりカリキュラム・講師を変更することがあります。

回数 日程 テーマ 内容
第1回 4月8日 (土) 記事制作の進行管理 テーマ決定から校了まで
ライターとエディター
       
第2回 4月22日 (土) 事前取材いろいろ 仮説の立て方、調査方法
アンケート・座談会の組み立て方
       
第3回 5月6日(土) 企画書を作る 企画の立て方
プレゼンテーションの方法
   
第4回 5月20日(土) 質問と構成 取材先決定、依頼と質問事項

   
第5回 6月3日(土) 取材からライティング 依頼書、アポイントからお礼まで

       
第6回 6月17日(土) レイアウトの基本 ビジュアルの見せ方
コンセプトの伝え方
       
第7回 7月1日(土) 撮影の仕方 人物撮影、モノ撮影の実践

       

第8回

7月15日(土)
ライティングと構成 ダイナミックな文章作成法
       
第9回 8月5日(土) 記事の種類 OJT

       
第10回 8月19日(土) Webライティング
HP ブログ メルマガ 
読んでもらえるライティング術と
構成スキル
       
第11回 9月2日(土) 気持ちをつかむPR文 自己PR文改造

       
第12回 9月16日(土) 総復習 プロへの一歩を踏み出す方法

       
アドバンスコース第19期 講師紹介
唐沢 耕さん 平野友紀さん 赤羽博之さん 常山あかねさん
大学卒業後、世界文化社に入社。「家庭画報」「別冊家庭画報」の編集に携わる。その後ダイエー入社、「オレンジページ」副編集長、編集長を経て、取締役編集統括に。2004年1月唐澤事務所を設立し、編集制作、広告制作、コンサルティング、ホームページ制作監修、ラジオ出演などを行っている。1993年には、「オレンジページ」で、125万部という女性誌最高部数を達成。 大学卒業後、1993年に地域タウン情報誌の出版社に入社。1997年に新媒体を立ち上げ、編集長に。2001年に独立、「株式会社メディア工房」の代表取締役に。現在はWEBサイトやシステム開発等のインターネット関連サービス、電子書籍作成サービス、広報誌等の印刷物製作を業務とし、中小企業・団体・自治体の広報支援サービスを行なう。 フリーランス編集者。合同会社耕文舎代表。早稲田大学卒業後、出版社、環境NGOなどを経て、1999年フリーの編集者に。2002~08年イオンカード会員向け月刊生活情報誌『mom(モム)』編集長。その後、新聞社Webサイトの企画制作ディレクターを務める。著書に『すぐできる!伝わる文章の書き方』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。 大学卒業後損害保険会社勤務。育児を機に退職後、SOHOでインターネット業界の仕事に携わる。1999年、メルマガやWEB等オンラインコンテンツを専門にしたライタープロダクション「企画室壱頁」を個人事業登録。2006年法人化。現在、(株)壱頁 代表取締役。消費生活アドバイザーとして、携帯キャリア会社、保険会社等の冊子の監修、テレビ番組のコメンテーターも務める。

ほかサンケイリビング新聞社スタッフ

日 時 4月8日(土)~9月16日(土)14:00~16:00(全12回)
会 場 サンケイリビング新聞社会議室(東京メトロ有楽町線・麹町駅下車)予定
受講料 9万円
受講資格 実用ライティング検定3級合格者
詳しくはコチラ